タブレット講習会 タブレット講習会 タブレット講習会 タブレット講習会 タブレット講習会

タブレット講習会事業

タブレット講習会について

信州ソフトウエア協会では、県内各地でタブレット講習会を開催しています。

平成25年からNTT東日本様のご依頼により、長野市・松本市・諏訪市・千曲市などでタブレット体験講習会を実施しました。また平成26年には下伊那郡平谷村において、総務省の「過疎集落等自立再生対策事業」を活用し、住民向けのタブレット講習会を実施いたしました。こうしたノウハウを生かし、講習会カリキュラムを吟味し、教材などの充実に努めてまいりました。

カリキュラムについて

体験講座カリキュラム

  • ◇ いろいろなタブレット
  • ◇ タブレットを利用するために
  • ◇ ブレットの基本操作
    • ・アプリ「タッチナンバー」
    • ・アプリ「日本地図パズル」
    • ・アプリ「グーグルマップ」
  • ◇ 楽しく便利なタブレット
    • ・カメラで写真を撮ろう
    • ・タブレットで読書
    • ・タブレットでラジオ
    • ・おもしろ動画を見よう

応用講座カリキュラム

  • ◇ タッチキーボードの使い方
    • ・キーボードの切り替え
    • ・カナ漢字の入力
    • ・半角英数字の入力
  • ◇ 旅行の計画をたてよう
  • ◇ テレビ電話で会話しよう
  • ◇ アプリを登録してみよう

講習会開催について

講習会で利用する10インチ型タブレットを貸出いたします。

NEC製LaVie・10インチタブレットをご用意いたします。インターネット回線と無線ルーター、プロジェクタなどはご用意ください。ただしインターネット回線が無い場合には、レンタル回線をご紹介いたします。

詳細情報サイトではさらに詳しくご覧いただけます。

詳細情報サイトはこちら⇒

シニア情報生活アドバイザー事業

シニア情報生活アドバイザーについて

「シニア情報生活アドバイザー」とは、シニアによる、シニアのためのパソコン利用アドバイザーです。

中信地区(松本市・安曇野市・塩尻市)を中心としたシニアのパソコンクラブ「松本シニアネットクラブ」や、根羽・平谷地区で、シニアのための地域ICT(情報通信技術)アドバイザーを養成しています。すでに20名ほどのアドバイザーの方が、いろいろな場面で活躍されています。

アドバイザー養成講座について

シニア情報生活アドバイザー養成講座では、次の講座を受講して頂きます。

  • 第1講義:制度の仕組みとアドバイザーの活動
  • 第2講義:基本操作とシニア向けの設定
  • 第3講義:インターネットの仕組みと接続設定
  • 第4講義:講義案を作成してみよう
  • 第5講義:講師体験・シニア向け講義の注意点
  • 第6講義:サポートのやり方
  • 第7講義:生活に役立つ利用法の提案
  • 第8講義:プレゼンテーション
  • 資格認定試験:実技・知識・提案

おおむね50歳以上の男女で、パソコンを日常的に利用している人なら、誰でも受講可能です。個人で受講する場合には、費用が32,500円(テキストおよび8回分の受講料)必要になります。

詳細情報サイトではさらに詳しくご覧いただけます。

詳細情報サイトはこちら⇒

信州ソフトウエア協会について

NPO法人信州ソフトウエア協会の案内

IT教育支援事業について

IT教育支援事業は、主に講習会の開催を目的とし、現在はタブレット関連の講習会と、シニア情報生活アドバイザー関連の講習会を開催しています。

IT利用支援事業について

IT利用支援事業は、ソリューション提供を目的とし、買い物難民対策としての地域版ネット通販事業などを展開しています。

ひまわりネット市場 ひまわりネット市場 ひまわりネット市場 ひまわりネット市場 ひまわりネット市場

詳細情報サイトではさらに詳しくご覧いただけます。

詳細情報サイトはこちら⇒